先輩社員の声 -加工業務開発事業部-

自分が提案した商品がメニューに載っているのをみると、嬉しくなります。

加工業務開発事業部 

2014年入社。福島大学 人文社会学群卒。新潟県新潟市出身。趣味はおいしいものを食べること。休日は、おいしいものを求めて学生時代の友人と街をさまよう。

Q.JA全農青果センターを志望した理由は?
就活の時期にTPPが話題になっていたのをきっかけに農業に興味を持ちました。
農業や青果物のことは何もわかりませんでしたが、いつも身近にあった「田畑のある風景」が無くなってしまうかもしれないと考えた際に、「数十年後もこの風景を守れるような仕事がしたい」と思い、志望しました。
Q.印象に残っている仕事は?
初めて担当したお取引先様で、提案した商品が採用され、お店のメニューに使用していただいたときはとても嬉しかったです。また、入社2年目に香港の展示商談会に当社加工品を出展し、海外のバイヤーとお話できたこともいい経験となりました。
Q.今後の目標を教えてください
3年目をむかえたものの、まだまだ失敗も多く落ち込みますが、初心を忘れず、失敗を糧に日々成長していきたいです。今はまだ知識も経験も浅く、とにかく足りないことだらけですが、ゆくゆくは産地からも取引先からも信頼され、愛される社員になりたいです。

朝一番に納品確認。丁寧な作業がトラブルを防止する。

商品開発には女性社員のセンスが不可欠。

一日のスケジュール

  1. 9:00
    • メールチェック
    • 納品確認
    • 請求処理
  2. 13:00
    • 仕入先対応
    • 発注確認
    • 営業資料作成
  3. 15:00
    • 商談
    • 仕入先工場巡回
    • 報告書作成
  4. 17:30
    • 何もなければ退社
    • 週1程度で同僚と呑みにいきます